筋トレの効果を減らしてしまう行動

皆さんこんにちは!
今日はものすごい夕立で前が見えないくらいでした。
急な雷雨には気をつけてください!


さて、
今日は筋トレの効果を台無しにしてしまう行動をご紹介していきたいと思います。


1、筋トレ後にお酒を飲む
実は筋トレ後にお酒を飲むと、筋タンパク質を作るためのシグナルを抑制すると言われています。
複数の研究で筋トレ後の飲酒による筋肥大のパフォーマンスの低下が報告されています。もし、筋トレの効果を最優先するのであれば、筋トレした日は飲酒を控えたほうが良いです!


2、長時間空腹状態にする
ダイエットのために筋トレをしている場合、空腹状態が続くこともあると思います。
筋トレをした後に栄養が入ってこない状態が続くと、筋肉が合成されるどころか筋肉を分解して栄養を確保しようとしてしまいます。
この状態をカタボリックと言い、筋肥大にはマイナスに作用します。


3、栄養バランスを考えない食事制限
筋肉を合成するには、タンパク質、特に必須アミノ酸を摂取することが重要だと言われている。
食事制限も単に食べる量を減らせばいいというわけではありません。食事制限は身体に栄養バランスを確保しながら行う必要があります。


4、睡眠不足
睡眠不足は筋トレ時の栄養となる筋グリコーゲンを低下させる。そもそも睡眠不足は集中力を低下させるので、トレーニング中のケガを引き起こしかねません。




せっかく筋トレをしていても効果が薄くなってしまうのは時間の無駄と等しいです。
アルコールを飲む日はトレーニングを休みにしてしまうなど、
トレーニングと休養のメリハリをつけて効率よくトレーニングしていきましょう!
それでは、また(^^)/

この記事へのコメント


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村